読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Balance8

女性のためのビジネス学&心理学

「NO」という強さを持つ

f:id:m-ima:20170324070546j:plain

 

「ファビュラス」と聞くと

叶恭子さましか浮かびません。

 

こんにちは

gonちゃんです。

 

 

例えばだけど

相手の親切心を断るのって勇気いりますよね。

 

とってもお世話になっている人からの紹介のお仕事。

気持ちはありがたいのだけどやりたくない内容ってことありませんか?

ましてや、それが割と自分ができちゃうやつだったりすると

なおのこと断りづらい。

 

で結局

気は進まないけどできることだからやってしまおう

お世話になってるし期待に応えなきゃ

これからもお付き合いしていきたいし

と、やってしまう。

 

これだけ見ると

よくありがちな特に大したことないようなことだけど

 

自分のココロの声が

やりたくないよー

と叫んでるのに無視をしている状態です。

 

こうしたことを積み重ねていくうちに

スケジュールはやりたくない仕事で埋まり

なんか忙しくてストレス溜まってヤケ酒したり買い物しまくったりで

なんかお金もたまらない。

本当にやりたかった仕事が入ってきても

もうそのスペースがなくなっている。

チーン。。

私の経験談です。

 

これが

チャンスを逃すってやつです。

 

なんかストレス溜まってるけど

原因がわからないって時はたいてい

この「やりたくないよー」の小さな声を幾度も無視し続けてる時です。

 

自分のささやかな希望を叶えてくれず無視され続ける

ストレスは小さなワタシの心の叫びです。

 

そうするとね

小さなワタシのココロがそのことに気づいて欲しくて

現実世界にそれを投影するんです。

 

簡単にできそうな頼みごとを誰かにお願いしても無視されたり断られたり

そしたら「私はいつも気が進まなくてもやってあげてるのに!!

こんな簡単な頼みごと無視するなんて!!」って憤慨しちゃうよね。

その相手に対して悪意を抱いたり

私はこんなに大切にされない存在なんだと自己嫌悪に陥ったり。

 

そしたらどんどん周りがこんな風に見えちゃう

f:id:m-ima:20170323200656j:plain

 

 

むかつく〜(笑)

 

 

もうこんな現実イヤですよね。

 

じゃあどうしたらいいかな?

 

まずはナゼ「NO」と言えなかったのか

本当の真理を見ていきます。

 

気は進まないけどできることだからやってしまおう

(できないヤツだと思われたくない)

お世話になってるし期待に応えなきゃ

(期待に応えていればいい関係でいられる)

これからもお付き合いしていきたいし

(嫌われたくない)

 

こうした思いが隠れています。

 

できないヤツだと思われて関係が壊れて嫌われる。

そうなったら悔しいし悲しいし怖いですよね。

この恐れが根底にあるのです。

 

でもね

それくらいで壊れる関係なら

さっさと壊してしまった方がいい。

 

大事なのは小さな私のココロ

もう無視しないで声を聞いてあげてください

 

 

私のココロの声を一つ一つ聞いてあげると

その喜びを私のココロが伝えたくて現実世界に投影させてくれるよ。

 

 

世界でたった一人の私のために

「NO」という強さを持ってください。

 

 

 

Thank you♡

 

 

 

f:id:m-ima:20170323203201p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:m-ima:20170330162920j:plain

 

f:id:m-ima:20170330164318j:plain

  

f:id:m-ima:20170330170010j:plain