読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Balance8

女性のためのビジネス学&心理学

「NO」という強さを持つ

f:id:m-ima:20170324070546j:plain

 

いい男に声かけられた時は

「YES」としか答えません。

 

こんにちは

gonちゃんです。

 

 

例えばだけど

相手の親切心を断るのって勇気いりますよね。

 

とってもお世話になっている人からの紹介のお仕事。

気持ちはありがたいのだけどやりたくない内容ってことありませんか?

ましてや、それが割と自分ができちゃうやつだったりすると

なおのこと断りづらい。

 

で結局

気は進まないけどできることだからやってしまおう

お世話になってるし期待に応えなきゃ

これからもお付き合いしていきたいし

と、やってしまう。

 

これだけ見ると

よくありがちな特に大したことないようなことだけど

 

自分のココロの声が

やりたくないよー

と叫んでるのに無視をしている状態です。

 

こうしたことを積み重ねていくうちに

スケジュールはやりたくない仕事で埋まり

なんか忙しくてストレス溜まってヤケ酒したり買い物しまくったりで

なんかお金もたまらない。

本当にやりたかった仕事が入ってきても

もうそのスペースがなくなっている。

チーン。。

私の経験談です。

 

これが

チャンスを逃すってやつです。

 

なんかストレス溜まってるけど

原因がわからないって時はたいてい

この「やりたくないよー」の小さな声を幾度も無視し続けてる時です。

 

自分のささやかな希望を叶えてくれず無視され続ける

ストレスは小さなワタシの心の叫びです。

 

そうするとね

小さなワタシのココロがそのことに気づいて欲しくて

現実世界にそれを投影するんです。

 

簡単にできそうな頼みごとを誰かにお願いしても無視されたり断られたり

そしたら「私はいつも気が進まなくてもやってあげてるのに!!

こんな簡単な頼みごと無視するなんて!!」って憤慨しちゃうよね。

その相手に対して悪意を抱いたり

私はこんなに大切にされない存在なんだと自己嫌悪に陥ったり。

 

そしたらどんどん周りがこんな風に見えちゃう

f:id:m-ima:20170323200656j:plain

 

 

むかつく〜(笑)

 

 

もうこんな現実イヤですよね。

 

じゃあどうしたらいいかな?

 

まずはナゼ「NO」と言えなかったのか

本当の真理を見ていきます。

 

気は進まないけどできることだからやってしまおう

(できないヤツだと思われたくない)

お世話になってるし期待に応えなきゃ

(期待に応えていればいい関係でいられる)

これからもお付き合いしていきたいし

(嫌われたくない)

 

こうした思いが隠れています。

 

できないヤツだと思われて関係が壊れて嫌われる。

そうなったら悔しいし悲しいし怖いですよね。

この恐れが根底にあるのです。

 

でもね

それくらいで壊れる関係なら

さっさと壊してしまった方がいい。

 

大事なのは小さな私のココロ

もう無視しないで声を聞いてあげてください

 

 

私のココロの声を一つ一つ聞いてあげると

その喜びを私のココロが伝えたくて現実世界に投影させてくれるよ。

 

 

世界でたった一人の私のために

「NO」という強さを持ってください。

 

 

 

Thank you♡

 

 

 

f:id:m-ima:20170323203201p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:m-ima:20170330162920j:plain

 

f:id:m-ima:20170330164318j:plain

  

f:id:m-ima:20170330170010j:plain

 

 

妄想を綴る〜私の願いの叶え方〜

f:id:m-ima:20170320161444j:plain

 

春といえば

裸体の変質者に追いかけられ

追い越された思い出があります。

 

こんにちは

gonちゃんです。

 

 

今日は春分の日ですね。

春分の日はこれからの豊作を祈願し

秋分の日は収穫を感謝する日。

 

Wikipediaでは

祝日法第2条で「自然をたたえ生物を慈しむ」日として制定されたそうです。

日本ってステキですね。

 

ということで

私も豊作を祈願しようと思います。

それもワ・タ・シ自身の♡

 

 

 まずは種まきから

f:id:m-ima:20170320161607j:plain

 サラとソロモンっていうステキな本があるんだけど

その本の中で「空飛ぶレッスン」という

願いの叶え方をやってみようと思います。

 

 

サラ「私は空を飛びたいの!」

ソロモン「なぜ空を飛びたいのか話してごらん

     それはどんな感じがする?

     どういう風に感じる?」

サラ「空を飛ぶことはとても自由な感じがする

   浮かんでいるような感じだけどもっと早い」

ソロモン「空を飛んでたら何が見えるか話してごらん」

サラ「街全体が下の方に見える。大通りと車が走っているのと

   人が歩いているのが見える。川も見えるし私の学校も見える」

ソロモン「サラ、空を飛ぶことはどんな感じがする?

     空を飛ぶことがどんな感じがするかいってごらん」

サラ「すごく楽しい!空を飛ぶのはすごくすごく楽しいと思う!

   風のように早く飛べるし、すごく自由な感じがする!

   すごくいい気分!」

 

この流れでサラとソロモンに学ぶ

願いの叶え方ノートに書き込んでいこうと思います♩

名付けて妄想垂れ流しノート

  • 願い事を書く
  • その願いが叶っている状態の自分を取り巻く状況を書く
  • その状況に何を思い何を感じるかを女優になりきり妄想MAX
  • その最高な気分も書き込もう

これで誰にも見せられないノートの出来上がり♡

 

 

味わい愛でる  

f:id:m-ima:20170320161707j:plain

 

蒔いた種がぐんぐん成長するように

日々を過ごします。

 

本の中でソロモンが言っている「共鳴引力の法則」

同じ種類のものはお互い引き付け合うという理解

 

ということは妄想していた時と同じ心地よい気分でいるってこと

でも日々の中でその気分を見つけ感じられるようになるには

練習が必要だよ。とソロモンは言っている。

ソロモン「ただ味わい愛でることをずっと練習し続けてごらん

     そうすれば、だんだん気分が良くなるよ」

 

「味わい愛でる」

いい気分でいる

ホッとするスキルも使えるね↓

balance8.hatenablog.com

 

 

 収穫を祝い感謝する 

f:id:m-ima:20170320161807j:plain

収穫を祝ってる自分を妄想しつつ

秋分の日に、ここでの願いがどうなったか発表しますね。

 

私の妄想独り言におつきあいいただき感謝です。

 

 

 Thank you♡

 

 

f:id:m-ima:20170330162920j:plain

 

f:id:m-ima:20170330164318j:plain

  

f:id:m-ima:20170330170010j:plain

 

 

ホッとするスキル

f:id:m-ima:20170320085741j:plain

 

ホッとする

 

たかがホッとする

されどホッとする

と、おかしな文章になってしまうくらい

大事だって伝えたかったんです。

 

こんにちは

gonちゃんです。

 

 

1日の中でどれくらいホッとする時間を持ててるか

意識したことありますか?

 

日本人は「急がないと」という呪いにかかっている人が多いです

急がないと遅刻する

急いで歩かないと後ろの人の邪魔になる

急いで返信しなくちゃ

急いで片付けなきゃ

そんな諸々の「急がないと」の信者になっていると

 

急いでレジやれよ(コンビニ)

急いで料理出せよ(レストラン)

急いで返事しろよ

急いで歩けよ

急いで片付けろよ

と外側に向けて「急かす」行為または思いを持ってしまうのです。

自分にも他人にも悪影響。

まさにデス循環。

 

この呪いにかかってると

なんか知らんけど日々が忙しいの(笑)

「急ぐ」ってことは「時間がない」にフォーカスが当たってるから

 

「急かされる」って考えただけでしんどくなりませんか?

 

だから立ち止まって

「本当に時間ってないの?」って自分に聞いてみる

 

「急いで◯◯しなきゃ」って思考がでてきた時

「そっれて本当?」って聞き返してみて

 

掘り起こしていくと

見たくないココロの深層心理にたどり着きます。

 (この辺りは今度詳しく)

 

結構これって日本人の遺伝子レベル級に浸透しきってるものなので

簡単には外せないかもしれないけど

 

この「ホッとする」っていうことが

まずは手っ取り早い方法なのです。

 

 

ホッとするっていう感覚は人それぞれなので

私のホッとする例で 書いていくね〜

 

 

 

 1、ペットを愛でる

f:id:m-ima:20170320090106j:plain

ゴロゴロゴロ あ〜たまんねぇ ホッとする〜 

 

 2、コーヒーを飲む

f:id:m-ima:20170320090539j:plain

 あ〜カフェインウマー ホッとする〜

 

 3、好きな音楽を聴く

f:id:m-ima:20170320090952j:plain

 この音、癒される〜 ホッとする〜

 

4、自然の中に行く 

f:id:m-ima:20170320091508j:plain

マイナスイオンサイコー ホッとする〜

 

 

 こんな感じで人それぞれの「ホッとする」があると思うのです

このホッとすることを意識的に日々取り入れていくと

「ある」にフォーカスしやすくなるよ〜

 

ぜひ「ホッ活」してみてね

 

 

 

Thank you♡

 

f:id:m-ima:20170320140316j:plain

 

 

 

f:id:m-ima:20170330162920j:plain

 

f:id:m-ima:20170330164318j:plain

  

f:id:m-ima:20170330170010j:plain

 

私が旅をオススメする3つの理由

f:id:m-ima:20170306080807j:plain

 

こんにちは

gonちゃんです。

 

20代のうちにやっていたらいいことってことありますか?

と聞かれたら私は迷わずバックパッカーと答えます

 

パッケージなどの旅ではなく

チケットの手配からルートを決めたり

全ての工程を自分で行う旅です

 

これはある意味、起業するときと同じ流れだからです

 

また悔しかったり惨めだったり

寂しかったりと普段ならスルーできそうな心のことを

旅先ではダイレクトに向き合う機会が多く

そんな自分をさらけ出して受け入れていくと

なんとも慈悲深くやさしい人にどんどん出会っていくという

ミラクルが起きてきます。

 

ペイフォワードって映画知ってますか?

あの感覚をフツーに持っている人がフツーにわんさかいるというか

 

起業の時もこれと同じ流れや感覚があります。

 

旅は起業の予行練習にもってこい

なんですわ。

 

 

 

 

ココロの制限を外していける

f:id:m-ima:20170320070226j:plain

 

旅を始めるとね

まずぶちあたるのが

「恥ずかしさ」なんです。

 

でもこの「恥ずかしさ」を持ったままだと

前へ進めないんですよ。

 

例えば食べたいものがあるけど

言葉が通じないし伝わらなかったら悲しい。とか

それは裏を返せば伝わらなくてないがしろにされたら

「恥ずかしい」なんですよ。

でも「食べたい」ってなった時

身振り手振りで挑戦していくと伝わったり教えてくれる人が現れたりする

 

 

この時に大事なことは素直に堂々と表現すること

もじもじしてたら伝わらないから

 

空気も察してくれないから

伝えなくちゃー!!っていうその思いだけで行動する

 

困ってる時も

困ってるって全力で表現しないと誰も助けてくれない

 

だから取り乱してでも「困ってる」を表現する。

 

そう

それはとっても恥ずかしいんだけど

この「恥ずかしさ」の壁を超えると「優しさ」が待っています。

 

もう涙出ますよ。

そのうち気づくようになるんです。

行動できない時は必ずこの「恥ずかしさ」が潜んでいることを。

 

  

本当に好きなものに気づいていく

f:id:m-ima:20170320070542j:plain

 

言葉が通じない場所に行くとね

曖昧な表現ができないから

(というか国の価値観的に通じなかったり)

「YES」か「NO」の二択で返事する場面が多くなるんです。

 

そうなるとね

今まで曖昧にしてたことがここで浮き彫りになるんです。

私のこれはYESよりだったのか とか

NOよりだったのか とか

 

これを繰り返すうちに

いかに自分が人に合わせていたのか気づいたんです。

曖昧な表現で。

 

どんどん自分のYESとNOがわかってくると

ホント、シンプルに自分の好きに気づいていけるんです。

そして心がどんどん軽くなる

 

その辺りから持っている荷物のほとんどを捨てました。

身軽になると行動も軽やかにミラクルも加速していきました。

 

無防備に安心感

 

この感覚になって

今まで受けた優しさや出会いに愛が溢れてくるんです。

グラスが満たされ溢れる感じ

 

そうなるとね

今度は自分が与える側に回っていくんです。

自然と。

そこにもちろん見返りの気持ちもないし

溢れ出すから、ただ配ってる感じ

 

あ ワタシ無意識にペイフォワードしてる(笑)ってなる

なんか体感しちゃうんですよ

これ巡り巡って私のところにまた戻って来る♡って

 

今ある豊かさに感謝の気持ちが芽生える

f:id:m-ima:20170320070922j:plain

 

よく聞く話だろうけどあえて書くね。

 

まず日本人ってだけで「信頼」される

日本人ってスゲー!

今までの日本人たちに感謝の思いが溢れます。

 

日本のパスポートってスゲー!

もうね日本のパスポートってすごいですよ。

まさに黄門様の「印籠」 

これ使わなきゃモッタイナい(笑)

他の国の人は止められても日本人は華麗にスルー♩

 

日本の自販機スゲー!

飲みたいものがすぐにカジュアルに飲める

しかも壊されたり持って行かれたりしない(笑)

 

日本の水道水スゲー!

だって飲めるんだもん

たんまりと

 

日曜日に店が空いてる!スゲー!

 

カフェでスリの心配しないでまったりお茶できる

スゲー!

 

コンビニのお菓子激ウマ!

クオリティ高すぎてスゲー!

 

日本への愛が溢れます(笑)

 

よく旅をすると劇的に変われると思われるけど

そうじゃなく地味に心の変化に気づいていく感じなので

あからさまには何も変わりません。

 

でもこの見えない地味な変化が実はものすごーく大きいのです。

ものすごーく宝です。

 

注意*

組織に向かない体質になってしまうので起業せざる負えなくなるかもしれません

 

そこは自己判断に任せます

 

一度だけの人生

楽しんでみる価値ありです。

 

 

 

 

Thank you♡ 

 

 

balance8.hatenablog.com

 

f:id:m-ima:20170330162920j:plain

 

f:id:m-ima:20170330164318j:plain

  

f:id:m-ima:20170330170010j:plain

 

 

 

 

本気で人生を変えたい人へオススメの本

f:id:m-ima:20170305171934j:plain

 

こんにちは

gonちゃんです。

 

私の人生を救ってくれた一冊の本を

紹介します。

 

その本は今

残念なことに廃版になってますが

中古本で探すことができます

 

 

その本は

パトリス・ジュリアンの「物語の主人公になる方法」

 

 

11年くらい前に同棲してた彼氏にふられ家なき子になり

仕事も人間関係もうまくいかずどん詰まりだった頃

フラッと入った本屋さんでこの本を見つけました

 

この本の帯の言葉を見たとき

全身からブワ〜っと何かこみ上げるものがあり

泣きだしそうになりました

すぐさま、この本を手に取りレジに向かいました

 

f:id:m-ima:20170305175226j:plain

 

ご飯を食べることも忘れ夢中で読みました

その頃は潜在意識やスピリチュアルなどまるで知らなかったのですが

そんな私でもすんなり入ってくる内容でした

潜在意識やスピリチュアルというと、どうしてもフワフワした

不確かさで囚われてしまいますが

この本はそうした目に見えない力を

男性脳で現実的に落とし込んで書かれているからです

きっと今読んでもそういう類のことが含まれてるとは思わないでしょう

普通にハウツー本かなと思われるような感じです

(あくまで内容は現実的なのでスピリチュアル好きの人には不評です)

 

なぜこの本をお勧めするかというと

好きなことを仕事にする

カタチにしていくために心のあり方だけではダメなんです

行動に起こすという男性脳もどうしても必要になります

そうした行動に起こすとき陥りがちな

コンフォートゾーンの抜け方なども書かれています。

まさに地に足のついた潜在意識本です

 

とにかく行動を起こしたいという本気な人に

オススメの本です

 

本当にお守りのように擦り切れるまで

何度も何度も読みました。

そして数年前に人にあげてしまったのですが

やっぱり手元に置いておきたくて中古本から探して購入しました

今読んでも、全く色あせない

むしろ新鮮でこんなにバランスの良い本は他にはないように感じます

 

男性にもオススメです

手に入らなくなる前にぜひ入手してください

 

知識だけ入れて気持ちよくなって終わりじゃなく

大事なことはその後の行動です

 

 

ルールは簡単。

前へ進まないもの

あなたの目標へ近づけないもの

人生の自然な流れに逆らうもの

そういうものを全て捨て去ればいいのだ。

「物語の主人公になる方法」より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:m-ima:20170330162920j:plain

 

f:id:m-ima:20170330164318j:plain

  

f:id:m-ima:20170330170010j:plain

 

恥をかいた分、失敗した分、オイシイ実績になる

f:id:m-ima:20170303083537j:plain

 

こんにちは。

gonちゃんです。

 

自営業を目指してる方

めっちゃ大事なこと書きます。

 

かっこ悪いと思ってたこと

恥ずかしいと思ってたことが

むしろ実りになる

 

 

 

かっこ悪いくらいがちょうどいい

f:id:m-ima:20170305095945j:plain

 

かっこ悪いと思ってたこと

恥ずかしいと思ってたことが

むしろ実りになる

 

そしてかっこ悪い自分も恥ずかしい自分も受け入れていく

そうしていくうちに

かっこ悪いと思っていたことがそうじゃない

恥ずかしいと思ってたことがそうじゃない

と気づいていく

 

組織の中の当たり前のルールは

都合よく支配されるためにインストールされたもの

人が人を支配するために有効なもの

組織にいると便利なアプリなので何も考えずインストールしちゃう

 

でも自営業を目指しているのであれば

自分の足で歩かなければなりません

自分の感覚を信じていかなければなりません

そのアプリいらないし足枷になります

 

じゃあどうしたらいい?

 

組織の中でいた当たり前という感覚を一度ぶち壊さなくてはいけません

それに有効なのが恥をかくことです

裸になるんです

めっちゃはずいです(笑)

 

  

ブレイクスルーが起きるとき

f:id:m-ima:20170305100429j:plain

 

ブレイクスルーが起きるとき

それは大抵恥をかいたとき

失敗したときです

 

砂埃だと思ってたものが金粉だと知る

 

なぁんだそうなんだって

気づくんです

 

失敗したと思ってたことも

のちにそれがすごい実績として自分を助けてくれます

自分の中から失敗という概念が消えていきます

それはただの経験の一つなんだと

 

陰と陽

両側面を知った人

味わった人は深いです

深いとは受け入れて許していったことです

 

選択股が無限に広がっていくからです

 

 

洞察力、見抜く力が養われるとき

f:id:m-ima:20170305102118j:plain

 

真実は全て真逆です

 

たくさんの経験が肩書きに惑わされず

人を見抜く力になる

 

ネタ持ちになるし

目上の人に可愛がられるし

面白がられるし

興味を引いてくれる

めちゃくちゃオイシイと思いませんか?

仕事している上で繋がる人たちに可愛がられるって

相当すごい武器ですよ

何かの資格持ってるとかあんま意味ありません

最終的には人間性です

 

かっこ悪いくらいがちょうどいい

 

景色が変わるよ

今在る場所で

 

この記事が一歩踏み出す勇気になってくれたらいいな

 

 

Thank you♡

 

 

balance8.hatenablog.com

 

 

f:id:m-ima:20170330162920j:plain

 

f:id:m-ima:20170330164318j:plain

  

f:id:m-ima:20170330170010j:plain

 

生活はアート "フランス女から学ぶべき3つのこと"

f:id:m-ima:20170225203932j:plain

 

こんにちは。

gonちゃんです。 

 

フランス語でArt de Vivreとは

「生活はアート」という意味

 

フランス女性のライフスタイルと考え方って

とっても素敵です。

 

生活をアートとして捉える

そうした考え方が文化として根付いています。

 

実はとっても哲学的な彼女たちのライフスタイル

参考にしてみませんか?

 

 

 

Restaurant 〜修復する時間〜

f:id:m-ima:20170302181905j:plain

 

フランス語のレストラン(Restaurant)は

修復するという意味があります

 

「回復する」や「よい状態にする」というニュアンスが含まれます。

 

大切な人、家族、友達とテーブルを囲い

いつもと違う空間で

美味しい食事を味わいながら

楽しくおしゃべりをする

 

どうしたら心地よい気分になれるか

この五感を使って喜びを味わう時間を

フランス人はとても大事にしています。

 

何か特別なことをするのではなく

日常をいかに心地よくアーティスティックに過ごすか。

 

今を味わうことに余念のない

フランス人の「Art de vivre」な生き方を

意識して取り入れていきたいですね。

 

 

その時その時の感情に素直なフランス女性

f:id:m-ima:20170302194912j:plain

 

フランス人はとにかく討論が大好き。

 

大切な人とはとことん話し合う。理解し合う。

現実的に見えて実はとってもスピリチュアルな行為です。

フランス人は自分の考え方をしっかり持っている人が魅力的だとされます。

 

自分の感性、考え方を肯定している。

ワタシはワタシ。アナタはアナタ。ととてもシンプル。

言い合いになっても納得いくまで話し合う。折り合いをつける。

それは心を納得させること。

これってとても大事なことです。

スピリチュアル的言葉で言うと

自分を大切にする。自分を信じる。ということです。

 

そしてフランス女性はよくキレる(笑)

その時その時の感情にとても素直な彼女たち

「merde!」(くそったれ ムカツクの意味)をよく使います。

フランス語のわからない私でも「merci」(ありがとう)の次に

覚えたくらいです。

あまりいい言葉ではありませんが感情を素直に表現するという点では

日本人も見習いたいところです。

日本では空気を読もうとか、言わなくてもわかるだろうという

風潮がなぜかあり、物分かりのいい人を演じてしまう。

これが感情に蓋をする原因になっています。

 

ぶっちゃけ 空気を読んでもロクなことありません(笑)

相手にとって都合のいい人になるだけです。

 

自分を大切にするということは「空気を読まない」ことです。

 

そして大切な人ほどもっと赤裸々に話し合い

コミュニケーションをとりたいですね。

 

年を重ねるほど色気が増すフランス女性

 

f:id:m-ima:20170302202241j:plain

(写真:high fashion ONLINEより)

 

 アンチエイジングという概念

多分、フランス女性にはないと思います。

 

フランス女性は歳を重ねるほど

フェロモン力がアップしていきます。

 

様々な経験を積んだ証でしょうか。

内側から溢れ出す魅力があるのです。

それも歳をとるほどに。

 

シワもたるみも色気になるのです。

 

歩んできた人生の中で蓄積された多くのモノ、情報、経験を

うまく引き算できているのです。

 

様々な執着から抜け出したシンプルな魅力

 

 

下記の動画のカトリーヌドヌーブ

足の先まで「オンナ」です。

 

女性に生まれてきたことを堪能する。

まさに「花」として彼女は生きていますね。

 

 

 

 カトリーヌドヌーブ:Louis Vuitton - Catherine Deneuve - Behind the Scene

 

 

f:id:m-ima:20170330162920j:plain

 

f:id:m-ima:20170330164318j:plain

  

f:id:m-ima:20170330170010j:plain